ホーム > 日米政治家の本質力を解く! 第7回 鳩山由紀夫(1)

日米政治家の本質力を解く!

鳩山、オバマ、小沢、麻生…、最先端の身体意識理論で分析する現代日米政治家の真の実力とは!?

  • 高岡英夫
  • 高岡英夫[語り手]
  • 運動科学者。「ゆる」開発者。現在、運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長・推進委員。東京大学、同大学院教育学研究科卒。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、オリンピック選手、芸術家などを指導しながら、年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」「ゆる呼吸法」「ゆるウォーク」「ゆるスキー」「歌ゆる」を開発。一流スポーツ選手から主婦・高齢者や運動嫌いの人まで、多くの人々に支持されている。大学・病院・企業などの研究機関と共同研究を進める一方、地方公共団体の健康増進計画での運動療法責任者も務める。ビデオ、DVD多数、著書は80冊を越える。
  • 松井浩
  • 松井浩[聞き手]
  • 早稲田大学第一文学部在学中から、フリーライターとして仕事を始め、1986年から3年間「週刊文春」記者。その後「Number」で連載を始めたのをきっかけに取材対象をスポーツ中心にする。テーマは「天才スポーツ選手とは、どんな人たちか」。著書は「高岡英夫は語る すべてはゆるむこと」(小学館文庫)「打撃の神様 榎本喜八伝」(講談社)等。高岡英夫との共著に「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」「サッカー日本代表が世界を制する日」(いずれもメディアファクトリー)、「インコースを打て」(講談社)等がある。

第7回 鳩山由紀夫(1)(2009.07.17 掲載/2009.10.13 DS図公開)

  • 鳩山由紀夫のDS図
  • 鳩山由紀夫のDS図
  • クリックすると拡大画像がご覧になれます。

――本日は、大人気の政治家シリーズということで、小沢一郎さんに代わって民主党の代表になった鳩山由紀夫さんについて分析して頂きます。

高岡 スポーツ選手より政治家の分析の方が、どうも人気が高いようですね。それだけ政治に興味をもってもらえればうれしいのですが、さて、鳩山さんが新代表に就任したことで、再び民主党の支持率が回復してきました。つまり、鳩山さんが次期総理として注目されるようになってきた。

 では、それほど注目される存在となった鳩山さんのバックボーンである身体意識は、いったいどうなっているかのかということですね。その前に、松井君は、鳩山さんを見ていてどんな印象をもっていますか。

※「身体意識」とは、高岡が発見した身体に形成される潜在意識のことであり、視聴覚的意識に対する「体性感覚的意識」の学術的省略表現である。『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)のはじめに(1ページ~)、序章(17ページ~)や『身体意識を鍛える』(青春出版社)の第2章「達人たちの〝身体づかい〟7つの極意を知る」(45ページ~)で詳しく解説しています。

――マスコミから注目される政治家の中では、それなりにイメージは良い方ではないかと思います。具体的には誠実、真面目、クリーンといった印象がありますね。

鳩山由紀夫さんは、麻生さんや小沢さんとは明らかに違う身体意識の構造をもっている

高岡 誠実とか、真面目とか、そういう印象をもつ政治家って、最近は少ないですよね。たぶん、そこが分析すべき焦点だと思うんですよ。総理候補の分析といえば、読者の皆さんはもっと力強さとか、エネルギッシュな行動特性などを期待すると思うんですよ。田中角栄とか、その田中角栄と確執のあった福田赳夫、それより前の佐藤栄作、もっと古い政治家では社会党の浅沼稲次郎やさらにはかの吉田茂などですよね。私たちは、日本の政治史の中でそういう力強さをもった政治家を見てきていますから、政治家の分析というと、当然、あのくらいの力強さが期待されると思うんですね。ところが、鳩山さんは、そういう力強さが全く感じられない人ではないですか。

――むしろ、ちょっと頼りないイメージさえあります。

高岡 本当に頼りないのかどうかは、これからわかってくることだと思うんですけど、そのちょっと頼りない感じと同居しているのが、松井君のいった誠実さとか真面目さ、クリーンな感じだと思うんです。おそらく、そういう現在の政治家らしくない特質が、今の時代は意外にも大事なんでしょうね。そして、それが、この人が次期総理候補として登場してきた理由ではないかと思うんです。

 というところで、この鳩山さんの人格そして行動特性の設計図とも言える身体意識を分析してみると、前回分析した麻生さんや小沢さんとは、明らかに違うんですね。麻生さんにしても、小沢さんにしても、人間の身体意識で最も重要なセンターとそれに次ぐ位置にある上丹田(知)、中丹田(情)、下丹田(胆力)という4大構造(正確には1大構造+3中構造)が、無きに等しいものでした。その代わりに、非常にスティッフで、かなり頑健な身体意識の構造がいくつも形成されていました。その頑健で、曲がったスティッフな身体意識が存在するため、力強さというべきか、しぶとさというべきか、怖いような固さが、あの二人からは感じられたわけです。それに対して、鳩山由紀夫という人は、センターと三丹田の形成の方向に向いている人ですね。

――やはり良い方向ではあるわけですね。

身体後方のいい位置にある程度の太さのセンターが通ろうとしている

高岡 身体意識の面で見ても、そうなんです。たとえば、センターについても、身体の後方のいい位置に、ある程度の太さのセンターが通ろうとしています。上からも、下からも。下からは股のところまで通ってきていますし、上からは後頭部から首の付け根あたりまで通ってきています。しかし、残念なことに胴体の部分が通っていない。これは非常に惜しむべきものであり、現在の状態では大きな弱点であると同時に、将来は通っていく可能性があることを示唆してもいますね。

※センター(中央軸)とは、身体の中央を天地に貫く身体意識。『究極の身体』(講談社)の第2章「重心感知と脱力のメカニズム」(49ページ~)や『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)の序章(17ページ~、第1章「センター」(45ページ~)で詳しく解説しています。

――鳩山さんの発言や原稿などを見ていると、友愛を哲学として外交などについては、非常に筋の通った話や行動をされています。これは、現在の他の政治家と比べて感心するぐらいです。しかし、その一方で、相手や状況によっては態度が変わり、周りの人から「カメレオン」と呼ばれることもあるらしいですね。

高岡 そうでしょうね。センターが通ったときの機能の一つとして、ぶれないというのがあります。しかし、鳩山さんは、まだぶれるところがあるというわけでしょう。それは、先ほども言ったように、センターが胴体を通っていない、つまりセンターが身体を貫通するという条件が達成されていないからなんですね。一方で、「友愛」ということを盛んに話しています。

――ホームページによると、自由と平等は、自由が過ぎれば平等が失われ、平等が過ぎれば自由が失われるけれど、その自由と平等を結ぶ架け橋が「友愛」という精神的絆だということです。

高岡  「友愛」というのは、そのように多分に高雅なものでしょう。外交でいえば、麻生首相の「価値観外交」を批判して、価値観の違うもの同士がいかに外交関係を構築していくかという「友愛外交」というものを主張していますね。そういう高雅なことを考えたり、言ったりできるのは、やはりセンターの高さ、深さという支持装置が存在する人だからなんですよ。そういう哲学でもって、政治という具体的な判断、認識を導こうとしている。こういうことは、センターの高さ、深さのない人からは決して生まれてこない発想です。

▲このページの先頭に戻る