ホーム > 日米政治家の本質力を解く! 第9回 鳩山一郎(1)

日米政治家の本質力を解く!

鳩山、オバマ、小沢、麻生…、最先端の身体意識理論で分析する現代日米政治家の真の実力とは!?

  • 高岡英夫
  • 高岡英夫[語り手]
  • 運動科学者。「ゆる」開発者。現在、運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長・推進委員。東京大学、同大学院教育学研究科卒。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、オリンピック選手、芸術家などを指導しながら、年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」「ゆる呼吸法」「ゆるウォーク」「ゆるスキー」「歌ゆる」を開発。一流スポーツ選手から主婦・高齢者や運動嫌いの人まで、多くの人々に支持されている。大学・病院・企業などの研究機関と共同研究を進める一方、地方公共団体の健康増進計画での運動療法責任者も務める。ビデオ、DVD多数、著書は80冊を越える。
  • 松井浩
  • 松井浩[聞き手]
  • 早稲田大学第一文学部在学中から、フリーライターとして仕事を始め、1986年から3年間「週刊文春」記者。その後「Number」で連載を始めたのをきっかけに取材対象をスポーツ中心にする。テーマは「天才スポーツ選手とは、どんな人たちか」。著書は「高岡英夫は語る すべてはゆるむこと」(小学館文庫)「打撃の神様 榎本喜八伝」(講談社)等。高岡英夫との共著に「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」「サッカー日本代表が世界を制する日」(いずれもメディアファクトリー)、「インコースを打て」(講談社)等がある。

第9回 鳩山一郎(1)(2009.10.23 掲載/2009.12.04 DS図A公開)

  • 鳩山一郎のDS図A
  • 鳩山一郎のDS図A
  • クリックすると拡大画像がご覧になれます。

――今回は、現在の鳩山由紀夫首相の祖父にあたる鳩山一郎元首相を身体意識の観点から分析してもらいました。高岡先生は、分析してみて、この鳩山一郎という人物にどのような印象をお持ちになりましたか?

※「身体意識」とは、高岡が発見した身体に形成される潜在意識のことであり、視聴覚的意識に対する「体性感覚的意識」の学術的省略表現である。『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)のはじめに(1ページ~)、序章(17ページ~)や『身体意識を鍛える』(青春出版社)の第2章「達人たちの〝身体づかい〟7つの極意を知る」(45ページ~)で詳しく解説しています。

高岡 分析前には、もう少しひ弱な身体意識をしているのかなあと思っていたんですよ。そしたら、意外にしっかりした身体意識の構造(ディレクト・システム 以下DS)をもっていたので驚きましたね。
――「もう少しひ弱な身体意識」という印象は、高岡先生が、鳩山一郎の首相在任中(’54年12月~’56年12月)を思い返して感じられたことですか。

鳩山一郎は、センターと3丹田の揃った力強い身体意識の構造(DS)をしている

高岡 そうです。あの頃、私は小学生で、鳩山一郎の話をラジオで聞いたのを覚えています。まだ子供だから、話の中身はよくわからないんですが、「ワンマン」とか、「剛腕」と言われた吉田茂の代わりに随分おとなしそうなおじさんが出てきたなあと思いました。この人はそんなにもたないんじゃないか、せいぜい2、3年だろうという印象だったですね。
――実際に首相在任期間は2年間(吉田首相は約7年2ヵ月)でしたが、DS図をみると、センターと3丹田(1大構造+3中構造)が揃っていますね。

※センター(中央軸)とは、身体の中央を天地に貫く身体意識。『究極の身体』(講談社)の第2章「重心感知と脱力のメカニズム」(49ページ~)や『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)の序章(17ページ~、第1章「センター」(45ページ~)で詳しく解説しています。

高岡 そうなんです。下丹田(胆力)を見ても、あるべき位置にありますし、中丹田(情)もあるべき位置にある。特に中丹田の強さは、すごいですよ。これだけの規模があると、戦前から、政治家として日本を何とかしなきゃいけないという強い情熱をもっていたのがよくわかりますね。

――明治16年生まれなので、太平洋戦争前というのは50歳前後です。たとえば、昭和5年にはロンドン海軍軍縮条約の批准をめぐって、軍縮問題に内閣が口出しすることは天皇の統帥権への干犯にあたるとして当時の濱口雄幸内閣を激しく攻撃しました。これが、後の濱口首相狙撃事件の遠因になったという可能性を指摘する人もいます。また、戦中も、議会制民主主義を守る立場から翼賛政治に強く反対したり、東條英機内閣を批判したりしました。

高岡 これだけの中丹田をしていたので、非常に強烈な情熱をもって行動したのも当然でしょうね。そして、戦後初の総選挙で、この鳩山一郎の率いる自由党が第一党になるでしょう。敗戦直後の大混乱の中、国民が、この鳩山一郎に明日への希望を託したんですよ。それも彼の見事な身体意識の構造があったから、中でもこの中丹田があったからだと考えれば、よく理解できますよ。

――ところが、首相に就任する直前、GHQに公職追放されます。鳩山陣営に言わせると、なぜ公職追放になったのかわからないということでしたが…。

高岡 その公職追放となって、初めて吉田茂が登場してくる。

――そうです。元外交官の吉田茂は、終戦直後から外務大臣を務めていたのですが、まだ国会議員ではなかったんです。しかし、鳩山一郎が公職追放となり、その後継総裁として吉田に白羽の矢が立ちます。

▲このページの先頭に戻る